フィリップス、13か国意識調査で日本最下位。コネクテッド ケア技術の認知度の低さが浮き彫りに

oyakudachi 250_250

世界13か国において、各国の医療環境に対する患者、医療従事者の意識調査「The Future Health Index:How can connected care help answer the Global health challenge?」(未来の医療環境指数:コネクテッド ケアは医療課題にどう対応できるか?)の調査結果を発表。

将来の医療課題に対する各国の準備状況として、医療アクセス、「医療の統合」に向けた現状、および「コネクテッド ケア技術」の導入状況に対する患者、医療従事者の意識を検証し、「評価指数」として算出されたが、日本は調査対象となった13か国で最も指数が低かった。

~調査結果からわかった点~

・患者と医療従事者における認識のギャップ

・新しい医療技術に関する認知不足

 

https://iotnews.jp/archives/22856

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

パートナー募集

pcsupport_logo

新電力 代理店募集

energy 300_100

加盟店募集

gacha 300_100

コスト削減のご紹介

print 300_100

ほっと電報のご紹介

denpo 315

ネッチのご紹介

ページ上部へ戻る