沿革

1996年 ドゥーイング設立
大手フランチャイズ本部より委託を受け、オーナー募集、販売促進、商品企画のコンサルテーション事業を基盤として設立。

2003年 DoIt! ステーション事業の開始
数々のコンサルテーションで培ったノウハウと経験を活かし、時代の変化を見据えた地域密着型のブロードバンド受付窓口となる「DoIt! ステーション」の展開を開始。
ソフトバンク社とパートナーシップを組み、当初より「本業+α」のコンセプト、および「基本商材+α」の独自プランとして、Yahoo! BB ADSL加入権パック、Yahoo! BB ADSLパソコンパックなどの商品を開発し、様々なキャンペーンを通じて、2005年には全国1000店舗に及ぶネットワークを形成する。

2006年 より地域に密着した事業拡大
「ブロードバンドの生活応援No.1ネットワーク」を目指し、より一層人々の暮らしに密着したブロードバンドサービスを展開するべく、インターネット回線(ADSL商材、光回線商材など)商品ラインアップを強化するとともに、パソコンサポートサービスをより充実させたDoIt! PCサポートプラス(PCコンシェルジュ認定制度)、DoIt! 市民IT講座(自主学習型パソコンスクール)など、地域活性化のためのプロジェクトにも取り組む。

2007年 自社コールセンターの開設
「ブロードバンド専用コールセンター」を愛媛県宇和島市に開設。DoIt! ステーションの業務支援を始め、不動産賃貸仲介ショップをブロードバンドの申込窓口とする顧客紹介型の事業スキームを推進したほか、大手企業と提携して、パソコントラブルのリモートサポートとオンサイトサポートのテクニカル技術を組み合わせた「パソコンサポート専用テクニカルセンター」のサービス機能をコールセンターに確保するなど、全国に展開する「DoIt! ステーション」のフル稼働に向けた環境作りを行う。

2013年 環境事業への取り組み
子会社(当時ドゥーイング100%株式保有)である株式会社グロースパートナーズ、皆川商事株式会社との連携により、古紙リサイクルと土木建築業界における産業廃棄物問題を解決すべく、古紙を再利用した吸水材(製品名「セルドロン」)を開発し土木現場でのセメントの代替製品として販売する「GPP事業」(現H2O Cellulose事業としてグロースパートナーズ社が推進)を立ち上げ。ブロードバンド・PCといった業界の枠を超えた展開を開始。

パートナー募集

pcsupport_logo

新電力 代理店募集

energy 300_100

加盟店募集

gacha 300_100

コスト削減のご紹介

print 300_100

ほっと電報のご紹介

denpo 315
ページ上部へ戻る