【5月19日(木)】マルチリンガルタッチ「自治体総合フェア」出展レポ(東京ビッグサイト)

IMG_20160519_101012

5月18日(水)~20日(金)の期間において、自治体総合フェア2016(東京ビッグサイト西展示棟・西4ホール)が行われております。

そのなかに出展しているのが、京都にあるシステム会社:株式会社リノア(代表:小林一博)が構築したマルリチンガルタッチです

IMG_20160519_095928

今回は、自治体向けということなので「あなたの街に外国人観光客を!」というボードとチラシをメインに設置されています。

IMG_20160519_100659 IMG_20160519_100127

【今回、出展の目的としては】
”多言語対応「街の魅力を発信する記事サイト」無料で提供します。”というテーマがあり、今回、弊社でエリアパートナーを募集している内容でもあります。

観光地にある自治体や観光協会、商店街、宿泊施設や飲食店の組合などで、「外国人観光客の現地対応や、誘致をしていきたい」という想いを持っておられて、かつ「多言語対応する仕組みを取り入れたい」と具体的に考えてるのに、初期の予算はそれほどかけられない。

だったら、そういった団体に対して、「マルチリンガルタッチのWEBシステムを活用した記事サイトを無料で提供しましょうか?」

IMG_20160519_142153

という大胆な取り組みなのです!

そのため、エリアパートナーとは、地域独占の取り組みとなっていく計画となっています。

IMG_20160519_101012

エリアパートナーは、ご自身の地域において自治体や観光協会、商店街、宿泊施設や飲食店の組合など、観光に関わる業態すべてとパイプを持って、「街の魅力を発信する記事サイト」を運営する役割を担っていただきます。

記事サイトの仕様イメージ
http://kyoto-niche.guide-book.jp/

【事例として】
大型タッチパネルでも、多言語に切り替えて使えるようにカスタマイズされたマルチリンガルタッチ。

ホテルのエントランスで館内案内に採用されているという大型タッチパネルですが、駅構内や観光案内所、ショッピングモールなどでも珍しくなく見かけますね。

今回は大型タッチパネルには、「彦根」の観光情報が多言語で表示されています。

IMG_20160519_100058

彦根市
http://guide-book.jp/?s=hikonecity

彦根の観光情報はQRコードを読み込めば、ご自身のスマホで閲覧ができて、PCやタブレットでも最適化されて表示してくれます。

また例えば、記事サイトで更新している記事コンテンツが、マルチリンガルタッチのガイドブック欄にも連動して表示される仕様となっており、宿泊施設にてマルチリンガルタッチを導入する場合も同様に記事コンテンツがガイドブックで表示できるため、地域で連携した取り組みに発展していきます。

出展ブースでは、マルチリンガルタッチの事例や特徴をご紹介するコーナーがあり、詳しくは資料請求・個別にお問い合わせください。

IMG_20160519_100529

これまで、宿泊施設で作成していた周辺の飲食店情報や観光情報は、これに置き換えていけるから助かる、という京都の事例もあります。

記事サイトを作成・更新いくなかで、地域で観光に関わるもの同士が一緒になって、外国人観光客に向けて情報提供できるWEBシステムとなっているため、地域一体となった取り組みに繋げられますね。

ドゥーイングでもサポートをしておりますのでお気軽にお問合せください。

資料請求はこちら↓

貴社名 (必須)

ご担当者名 (必須)

メールアドレス (必須)

業種 (必須)

題名

メッセージ本文

【商材提供元】
株式会社リノア
http://lino-a.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

パートナー募集

pcsupport_logo

新電力 代理店募集

energy 300_100

加盟店募集

gacha 300_100

コスト削減のご紹介

print 300_100

ほっと電報のご紹介

denpo 315
ページ上部へ戻る